無痛分娩を選択すれば出産も怖くない|ママに愛の手を

無痛と和痛その違いとは

カウンセリング

痛みはゼロにはなりません

出産時の痛みは、これからママになる女性にとって非常に大きなものです。特に初産のときには、何時間から何十時間も、辛い陣痛に耐え続けることになります。出産を終えたあとには、すでにフラフラになってしまっていることも、決して珍しくはありません。出産する女性たちの痛みを軽減するための方法として、無痛分娩や和痛分娩といった形があります。両者の違いは、いったいどこにあるのでしょうか。和痛分娩とは、その名前のとおり出産時の痛みを緩和しながら出産するスタイルのことを言います。麻酔を使うことで辛い痛みを軽減し、ママの体力を温存してくれます。一方で無痛分娩はというと、実は和痛分娩と同じことを指しています。「無痛」とは言うものの、今のところ痛みをゼロにして出産する方法は確立されていません。無痛分娩であっても、あくまでも痛みを和らげるだけと頭に入れておいてください。京都で出産できる施設を探してみると、無痛分娩や和痛分娩に対応してくれる施設も見つかることでしょう。どちらの表現が良いというわけではなく、それぞれの施設でどちらの表現を使っているかの違いだけであって、行われることについての差はないと覚えておくと安心です。京都でも評価の高い病院を選択することで、安心度も高まるはずです。京都の産院を探す際には、比較サイトや口コミサイトも上手に活用してみてください。京都ならではの地域密着の無痛分娩施設に関する情報が見つかることでしょう。